Latest In Fashion

電子タバコについてもっと知りたい!加熱式タバコとの違いや基本情報を解説


電子タバコと従来の加熱式タバコの違いとは!?

電子タバコと昔からある加熱式タバコとどう違うのか、気になる人は多いのではないでしょうか。近年では電子タバコの需要が高まっているので、試してみたいと思っている人もいのでは?電子タバコと加熱式タバコは、両方とも水蒸気で吸っているというところは同様です。しかし、加熱式タバコはたばこ葉を使用しているのに対して、電子タバコの方はリキッドと言って液体を加熱して使います。液体は味や香りも選べるようになっていて、加熱式タバコの種類よりも多彩なタイプがあるところも異なる点です。

電子タバコに必要な道具は?フレーバーについても紹介

電子タバコの必需品は、主に本体と充電器、予備のリキッド、吸う時に使用するカートリッジ等です。これらをまとめて待ち運べるように、電子タバコケースを所持している人は多いです。ケースに入れて持ち歩くことで、落とした時の衝撃や水没などの被害を防げます。こういったトラブルがあれば、故障することもあるので注意です。

電子タバコは色んな香りを楽しめるところも魅力の一つです。どんなフレーバーがあるのかというと、爽やかでスッキリとした気分になるメンソール系やグレープやベリー等のフルーツ系、チョコレートやバニラ等の甘い香りのデザート系などさまざまです。こういった香りの種類が多く、電子タバコは女性にも人気があります。色んなフレーバーをお試しして、自分のお気に入りの味や香りを見つけたり、その日の気分によって手軽に種類を変えられるところが電子タバコの有意義な楽しみ方です。

国内では手に入れることが出来ないと思われているニコチンリキッドですが、個人輸入という方法であれば手軽に入手することが出来ます。