Latest In Fashion

いくらかかるの?機械式時計に必要なオーバーホールの費用

機械式時計とオーバーホールの必要性

機械式時計とは、ぜんまいを動力として動く時計のことであり、これに対して電力を動力として動く時計のことをクォーツ式と呼んでいます。機械式時計にしろ、クォーツ式の時計にしろ、時計の中には数多くの部品が使用されており、その一つ一つの部品が正しく動くことによって正確な時を刻むことが可能です。これらの部品は非常に精密であり、経年劣化や使用によって生じた汚れや破損などによって時計の正確な時刻表示がくるってしまう可能性があります。それを防ぐために必要なことがオーバーホールです。オーバーホールとは、時計を部品ごとに分解してひとつひとつ磨く作業のことを言います。破損した部品は交換し、ずれを調整し、洗浄、注油などを行って時計を修復します。

このオーバーホールを怠ると、部品がどんどん破損し、いきなり動かなくなるほか、修理代が非常に高くなるといった事態になりかねません。

オーバーホールのタイミング

オーバーホールのタイミングは、おおよそ3年から5年の間に1回といわれています。これは細かな部品の経年劣化や汚れなどを考えたことで出された年数です。しかし、それ以前に時計の動きがおかしいなどといった支障を感じたならばオーバーホールを検討することが必要となります。

オーバーホールに掛かる費用の目安

オーバーホールに掛かる費用は、時計のブランドをはじめとして、時計の仕様、タイプによって異なります。また、メーカーで修理するのか、時計修理専門店で依頼するのかによっても変わります。安ければ3万円ほどですが、たかければ10万円近くかかることもあります。

オーデマピゲはスイスの高級時計メーカーですが、日本でしか購入が出来ない限定モデルを展開しているなど、日本市場を非常に重視した姿勢を見せています。