Latest In Fashion

無駄な写真が多すぎる!上手な写真の残し方について


無駄写真は出来るだけ早く処理しましょう。

現在、ほとんどの写真はデジタルカメラもしくはスマホで撮影して、電子ファイルで保存しています。簡単で安価に写真の撮影と保存ができるため、多くの人が写真を撮りすぎて、それらの大量の電子ファイルを貯めこんでいると思います。その中にはピンボケや意図しない写真などの無駄な写真ファイルもあり、それらは写真を整理する際に邪魔で、良い写真を選抜する際の大きな障害となります。そのため出来るだけ無駄写真を保存しないことが、写真を残す際に重要となります。

撮影した写真を保存するときに写りを確認して保存することが、無駄写真を減らす最も適した方法です。しかし写真を撮影している時の多くは旅行やイベントの最中であるため、逐一写り具合を見て保存する時間はありません。そのため、移動時間や空き時間を見計らって不用な写真を削除するようにしましょう。無駄写真の削除は撮影後できるだけ早く行うことが重要で、撮影当日遅くともイベント終了後の翌日には行いましょう。

写真はプリントしてアルバムにしましょう。

写真が電子ファイルのままだと、スマホやPCで見ることになり、写真を探すのに時間がかかったり複数の写真を比較することが困難です。また、他人に写真だけを見せる際にも気楽には行えません。写真はプリントしてアルバムにすることで、家族や友人にゆっくりと写真をみてもらうことができます。またアルバムのレイアウトを工夫したり、各写真にメッセージを添えるなどの楽しみもあります。また良い写真は額にして飾ると、常に見ることができるため、ふとした目にした時に思い出につながって癒されたりします。

フォトブックはこれまで撮影してきた写真を本のような形にできるものです。ネット注文と店舗注文があり、スマートフォンで撮影したものでも作ることができます。